インフォメーションビュー( HANA View)とは

  HANA

概要

直接Abaperには関係がないかもしれないが、ここではHANA上で作成できるViewについて紹介。
HANAのデータベース層では3つのViewを作成する事ができ、BIツールによってはこれらのViewを直接参照可能である。
各Viewにはそれぞれ特性があり、要件にそったViewを定義する事ができる。

Attribute View

後述するAnalytic View、Calculation Viewで使用可能な、いわゆるマスタービュー。
機能的には、複数の実テーブルをジョインしカラムの抽出を高速に行う仕組み。

Analytic View

スタースキーマ型のデータモデル。ファクトテーブルに該当する部分をData Foundationと呼び、数値項目を持つトランザクションテーブルを配置。ディメンションテーブルに相当する部分には、マスターテーブルを1つ以上配置するが、これはテーブル、または、Attribute View のどちらかになる。
Analytic ViewはSQLやMDXでアクセス可能で、多次元キューブの体を成しているが、定義のみで実体は存在しない。アクセス時にあたかも多次元キューブから切り取ってきたようにSQLやMDXが必要とする結果セットを構成して返す。

Calculation View

SAP HANAの拡張SQLであるSQLScript、独自の関数であるCE_Function、またはグラフィックなフローのいずれかを用いて定義。
Analytic Viewが単一のスタースキーマの定義に適しているのに対して、Calculation Viewは、複数のスタースキーマ同士のジョイン、つまりAnalytic View同士のジョインや、コーディングでなければ表現できないような複雑なデータ構造を定義するのに向いている。

View ソース モード レポート 用途
AttributeView Table Graphical 不可 マスタデータ
 Analytic View Table

Attribute View

Graphical 可能  分析
 Calculation View Table

全てのView

Graphical

Script

可能  Analytic Viewで実現できない複雑なビジネス要件の場合

HANA Studioで作成できるHANA Viewについてはこちらを参照

LEAVE A COMMENT