SAP 変更履歴(CDHDR)のオブジェクトクラスの探し方

  SAPの小技

概要

コンサルタントであれば変更履歴ヘッダ(CDHDR)や変更履歴明細(CDPOS)の存在は知っているだろうが、これらのテーブルを検索する際にはオブジェクトクラスを指定した方が良い。SAP導入当初や、開発機等であれば無くても検索可能かもしれないが、基本的には膨大な件数が格納されているはずなので、オブジェクトクラスを指定し、必要なデータのみ検索するようにしよう。

主要なオブジェクトクラス一覧

【共通】
FACTORYCAL稼働日カレンダ
HOLIDAYCAL祝日カレンダ
HOLIDAY祝日変更
KLASSE分類クラス
FEATURE分類特性
PFCGロール管理用変更文書
【LO:ロジスティックス一般】 
MATERIAL品目マスタ
CHARGE品目ロット
COND_A価格条件マスタ
【SD:販売管理】
DEBI得意先マスタ
KLIM得意先与信管理
EMBKライセンスマスタ
VERKBELEG受注伝票
LIEFERUNG出荷伝票
FAKTBELEG請求伝票
VBEX受注伝票ライセンス
【MM:在庫/購買管理】
仕入先マスタ仕入先マスタ
INFOSATZ購買情報
ORDERBUCH供給元一覧
BANF変更伝票:購買依頼
EINKBELEG購買依頼
REVISION購買管理のバージョン
【PP:生産計画/管理】
EQUI設備マスタ
STUEBOM
STUE_VBOM
ORDERネットワークと指図の変更文書
【FI:財務会計】
SACH勘定コードマスタ
ANLA資産マスタ
BANK銀行マスタ
IBAN国際銀行預金口座番号
BELEG会計伝票
【CO:管理会計】
KSTAR原価要素マスタ
KOSTL原価センタマスタ
LSTAR活動タイプ
RKAUFTRAG内部指図
CMDT_PC利益センタマスタ
PRCTR利益センタマスタ
SETS管理会計マスタグループ

テーブル名からオブジェクトクラスを探す方法

上記の一覧に存在しないものや、上記の中でもどのテーブルの変更履歴が保存されているかわからない場合は、SE16等でテーブル:TCDOBを確認してみよう。
テーブル名に調べたい名称を入力し検索すると、該当するオブジェクトクラスを確認する事ができる。

オブジェクトクラスのトランザクションコード:SCDO

オブジェクトクラスが判明したらトランザクション:SCDOを確認し、どのような設定になっているか見てみよう。
また、アドオンテーブル等で変更履歴を取得したい場合は、新しくオブジェクトクラスを登録し、変更が格納されるか見てみよう。

LEAVE A COMMENT