Excelファイルを扱う方法

Home » ファイル入出力 » Excelファイルを扱う方法
ファイル入出力 コメントはまだありません

概要


データをローカルに落としたいという要件がある場合、ユーザーはExcelを希望するケースが多いだろう。
そんな時は以下の汎用モジュールを使用して簡単に作る事ができます。
使用方法は、GUI_UPLOADやGUI_DOWNLOADとほとんど変わらず、少し使用するパラメータが異なったり、ファイル名の型が違うだけなのですぐに理解する事ができると思う。
ただ、一つ注意してほしいのは、ファイル名で使用する型RLGRAP-FILENAMEは128桁の文字型である為、階層が深いと問題になる場合がある。

サンプルプログラム:Excelアップロード

サンプルプログラム:Excelダウンロード

Typeの定義方法はこちらを参照
Dataの定義方法はこちらを参照
テキストファイルを操作する場合はこちらを参照
アプリケーションサーバーのファイルを操作する場合はこちらを参照