アドオンでメール送信機能の実現

Home » レポートプログラム » アドオンでメール送信機能の実現
レポートプログラム コメントはまだありません

概要


アドオンプログラムでメール送信を行うには送信先、送信元、メールタイトル・本文、添付ファイルの
パラメータを汎用モジュール:SO_DOCUMENT_SEND_API1に渡す事で実現可能。
送信元が実行ユーザーでよい場合は汎用モジュール:SO_NEW_DOCUMENT_ATT_SEND_API1でも可能だが、
正直何の違いがあるか不明。

サンプルコード:メール送信

説明


document_data:ヘッダ的な情報
sender_address:送信元の情報(ユーザーID、メールアドレス等)
sender_address_type:送信元の情報(ユーザーIDの場合’B’、メールアドレスの場合’SMTP’、他多数有り)
packing_list:本文と添付ファイルの情報
contents_txt:メール本文
contents_hex:添付ファイル
複数送信したい場合は、作りたい文だけpacking_listを追加していけばいけそうだけど未確認