BINARY SEARCH有り無しのパフォーマンスの違い

Home » データ定義&操作 » BINARY SEARCH有り無しのパフォーマンスの違い
データ定義&操作 コメントはまだありません

概要


READ TABLEのBINARY SEARCHを使用したパフォーマンス検証を行ってみた。
この例では、BKPFが約1万件、BSEGが約3万件になるよう調整している。
また、SQLの実行に係る時間は無視する事にする。

サンプルコード:BINARY SEARCH検証

結果


このサンプルコードのままBINARY SEARCHを使用して実行してみたところ、開始から終了の時間は1秒であった。
そして30行目のBINARY SEARCH.をコメントアウトして実行してみたところ、8秒かかった。
件数が少ない場合はそれほど差はないだろうが、数万件もの内部テーブルを検索する場合はBANARY SEARCHを
使用するメリットはとても大きいと思われる。