トランザクションコード一覧

Home » その他 » トランザクションコード一覧
その他 コメントはまだありません

概要


SAP ERPシステムのトランザクションコードとは 「文字」「数字」あるいはその両方で構成されます。
画面やプログラムに対して、 ユニークなトランザクションコードを設定することによって、 その設定したトランザクションコードを使用して、SAPアプリケーションの任意のタスクにすばやくジャンプすることができます。
その中でABAPerとして関わる事があるトランザクションについて紹介します。

目次


・開発系
・ヘルプ系
・管理系
・オプション

開発系


SE11  ABAPディクショナリ
    そのSAPシステム内で利用する、DBテーブルの定義や、データ型の定義を一元管理

SE18  BADI(ビジネスアドイン)定義

SE19  BADI(ビジネスアドイン)・拡張の実装

SE20  拡張の実装・管理

SE21  パッケージの作成

SE24  クラスビルダ
    グローバルクラスの宣言、修正を行う。

SE30  旧実行時間分析

SAT   新実行時間分析

SE36  論理データベースの変更
    (あまり使用する事はないと思うが、標準を拡張する場合に変更しないといけない場合がある)

SE37  汎用モジュールビルダ
汎用モジュールの宣言、修正を行う。

SE38  ABAPエディタ
ABAPプログラムの登録、修正を行う。

SE41  メニューペインタ

SE43  分野メニュー(GUIのトップ画面の階層)を変更する場合に使用
SE43N

SE51  スクリーンペインタ
    Dynproのレイアウト作成に使用

SE63  Smart Forms等の翻訳に使用

SE71  SAPSCRIPTの作成・更新

SE76  SAPSCRIPTを多言語化したい場合に使用

SE78  フォームグラフィック管理
    画像等を取り込む時に使用

SE80  オブジェクトナビゲータ
    プログラム・Dynproの開発時に使用

SE91  メッセージクラス更新
    プログラムで使用/出力を行う為のテキストをメッセージクラスとして登録可能

SE93  トランザクションコード作成

SM36  バックグラウンドジョブの定義

SMARTFORMS  Smart Formsの作成を行う

SFP   Adobe Formsの作成を行う

ヘルプ系


ABAPHELP  ABAPの基本的なヘルプ

ABAPDOCU  ABAP文書と例
      文書だけではなく、画面などのDEMOを参照可能

DWDM  Enjoy デモセンタ:照会
    クラスオブジェクト等を利用したさまざまな画面コントロールについてのデモを参照可能

LIBS  テーブルおよび一覧設計のアイデア集
    一覧の出力例や、色見本

ICON  ビュー “アイコン更新” 照会:概要
    システムで登録されているアイコンを参照可能

管理系


SE01  移送管理
    作成した移送の内容の確認、リリース等を行う

SE03  移送オーガナイザー
    あまり使用しないが、オブジェクトディレクトリエントリを変更したい時に使用

SU01  ユーザ管理
    クライアント内のユーザを管理する。

SU03  権限更新
    ユーザに付与している権限を確認/更新する。

SM04  ユーザ一覧
    現在そのサーバに接続しているユーザのセッションを確認

SM12  ロックエントリ処理:第一画面
    現在のロックエントリの状態(ロックテーブル)を確認

SM37  単純ジョブ選択
    ジョブログの確認

SM50  プロセス一覧
    ワークプロセスの状態を確認

ST05  SQLトレース
    システム内の動きをSQLでトレースし、パフォーマンスを測定

ST22  ABAP 実行時エラー
    発生した実行時エラーを確認。

SCDO  変更文書オブジェクト:概要
変更文書を作成するオブジェクトを登録/確認

SCI   コードインスペクタ
    コードインスペクタの設定

SCOT  開発機等で外部への送信を止めている場合はここに溜まる

オプション


/n
現在実行されているトランザクションを終了する。
後ろにT/Cを指定すると、現在実行されているトランザクションを終了して、指定トランザクションを実行する。

/o
新しいセッション(ウィンドウ)を生成する。
後ろにT/Cを指定すると、別のセッション(ウィンドウ)を生成した後、指定したトランザクションを実行する。

/i
セッション(ウィンドウ)を終了させる。
後ろにT/Cを指定することはできません。

/h
デバッガの起動。

/NEX
GUIを終了させる。