Move命令

Home » データ定義&操作 » Move命令
データ定義&操作 コメントはまだありません

概要

変数間で値の代入を行いたい場合に使用するのがMove命令である。
=(イコール)でも同じ結果となるので使用するケースは少ないかもしれない。
筆者はCorresponding オプションを使用したい場合に使用している。

サンプルコード

Typeの定義方法はこちらを参照
Dataの定義方法はこちらを参照