Category : データ定義&操作

Home » Archive by category : データ定義&操作

概要 変数間で値の代入を行いたい場合に使用するのがMove命令である。 =(イコール)でも同じ結果となるので使用するケースは少ないかもしれない。 筆者はCorresponding オプションを使用したい場合に使用している ..

Read more

概要 何度も同じ処理を繰り返し行いたい時に使用するのがDo…EndDo命令である。 必ず処理を抜けるようプログラムミングしておかなければ無限ループになる可能性がある為、注意してもらいたい。 サンプルコード [ ..

Read more

概要 ABAP プログラムを作る上で気をつけないといけない事が内部書式、外部書式の変換だろう。 これらの変換を入れていないと、間違った値をデータベースに格納してしまったり、検索できなかったり、 あるいはショートダンプを発 ..

Read more

概要 変数とよばれる値を格納しておく場所を定義する命令がDATA命令である。アドオンプログラムを作成する際に必ず使用するのがDATA定義であり、 様々な型を参照し独自の場所を各アドオンプログラム内に確保する事が可能だ。 ..

Read more

概要 各プログラム内でローカルの型を使用したい場合にTYPES命令を使用する。 単一の定義でも可能だが、その場合は直接DATA定義によって変数として使用するケースが多いと思われる為、今回は構造として定義する場合を想定して ..

Read more